サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

現金化ならキャンセルという裏ワザがありますよ

買おうと思ったけど気が変わった!
キャンセルすることもありますね。
中には使い切った商品の返金に応じるメーカーやサイトもあります。
不思議ですね。ならばそれを有効に利用しましょう。
つまりネット通販したものをキャンセルする方法です。
現金化としては高度なテクニックを要する裏ワザです。
あくまでも自己責任です。

具体的な方法は

原理は単純です。
ネット通販で注文します。カード決済をします。
とはいえ商品が発送される前にキャンセルする!
このタイミングが重要です。
上手くやれば、
カード決済なのに返金分は指定の銀行口座に振り込んでくれます。
一方で商品が到着してから開封前に返送する!
もちろん相手にキャンセルする旨を伝えてからです。
サイトによっては、開封後でも、自分のイメージと違う!
取り替えてくれたり、キャンセルを受け付けることもあります。
サイトの特徴を上手く利用しましょう。

注意点は

すべてが上手くいくわけでもありません。
例えば元々キャンセルに対応していないサイトもあります。
これは事前に確認しましょう。
そういう意味では、安いもので試してみることをお奨めします。
またキャンセル料が高いこともあるでしょう。
なおネット通販に関してはクーリングオフが使えません。
つまりクーリングオフは、訪問販売や電話勧誘に限られます。
こちらから進んで注文した商品は、あくまでも購入者の責任です。
キャンセルに応じてくれるのは、事業者の善意です。
もちろん決済されているので、後に支払いが待っています。
忘れないように。

どうするか

ここで紹介する方法は、失敗すると大損します。
事前の確認が不可欠です。
また同じサイトでキャンセルばかりしていると、
カードを含めて利用停止措置を採られます。
こちらも注意が必要です。

▲PAGE TOP